目的地以外の観光地も経由できる

夜行バスには今いろいろなプランがあり、目的地までに他の観光地を経由できたりします。大阪から京都にいってそのまま長野に行くなんていうのも楽しいのではないでしょうか。

いろいろな経路を通る夜行バスがある

大阪から京都を経由して目的地へ

夜行バスにさまざまプランが増えています。大阪から乗って目的地まで直行する便もありますが、最近は途中で京都を経由するというおしゃれな便もあります。

京都を経由すると

例えば大阪から出発した場合1時間半から2時間ほどで京都に着きます。そこで降りて京都観光を楽しむのもよし、そのまま目的地へいくのもよしと旅の選択の幅が広がります。

帰りも京都に寄るので

大阪から富山間に京都がある場合、時間に余裕があれば帰りは富山から京都で降りて観光し、電車で帰るといったことも出来るようになります。

降りなくても景色を楽しもう

経由地で降りなくても、バスから京都の街が堪能できます。いろいろな観光地を見て回れるなんて、夜行バスに乗る楽しみが増えますね。

大阪と京都に友達がいる

大阪と京都に友達がいる場合、東京に行くまでに夜行バスで呼び寄せるといったことも可能になります。途中で友人が乗ってくるなんて面白いですね。

夜行バスについてのQ&A

今の価格よりもさらに安く乗りたい

学生であれば学生割引、往復であれば往復割引など運行会社にもよりますが、さまざまな割引やキャンペーンがありますので是非利用しましょう。

途中で気分が悪くなったらどうすればいい?

運行会社は24時間体制でバスの運転手と連絡をとりあっているので、何か合った場合でも近くの救急車を手配するなど早急に対処してくれます。

ずっと寝てていいの?

目的地まで休みたい方はずっと睡眠をとっても大丈夫ですが、寝過ごすのが心配な方は乗務員に起こしてくれるように相談しておきましょう。

荷物が多くて座席入り切らない

荷物がかなり多かったり、サイズがある程度大きい場合でも、バスには大きな収納スペースがありますので自分の席に入り切らなくても大丈夫。不安な方は大丈夫かどうか事前に確認しておきましょう。

ペットは連れて行っていい?

障害者介助犬であれば認められることもありますが、普通のペットは不可のところがほとんどです。ご家族の方に不在時の世話を頼むと良いでしょう。

夜行バスで京都を経由する

夜行バスの利用が増えてきている

夜行バスを使っての旅行は料金がほかの交通手段と比べて格安なこともあり、若い世代を中心に人気になってきています。

窮屈で休めないなんてこともない

今は夜行バス専用の車両もあるので、比較的席がゆったりとリクライニングも出来て、長時間の移動でもゆっくリ休めます。

安全面ではどうか

夜行バスだと運転手が疲れてしまった場合どうしたらよいのかといった不安がありますが、長距離の場合は2名態勢で一人は仮眠室で休み一人は運転するといった方法をとっているので疲労困憊の心配はありません。運行会社も常時無線でチェックしているので何か合った場合でもすぐに対処出来ます。

観光時間を多く取れる

夜行バスでは観光前の日夜から寝ながら次の日の朝に目的地へ到着できるので、観光をめいいっぱい楽しみたいという方でもスケジュールが組みやすいです。

夜行バスは以前よりもより快適に

多数の会社が参入することで新しいサービスや料金の安さが実現しています。